【Simplicity】Google AdSense申請が通るまでは忍者AdMaxを利用しよう

出典 忍者AdMax

ブログでアフィリエイトをやろうとすると、ほとんどの人はGoogle AdSenseを申請すると思います。

でもGoogle AdSenseは審査が厳しいので、作りたてのブログだとなかなか通りません。また、ブログの内容によってはポリシー違反に引っかかって申請自体ができないブログもあります。

そんな時Google AdSenseの代わりとして利用できるものに忍者AdMaxがあります。この忍者AdMaxもGoogle AdSenseと同じで、クリックによって報酬が発生します。報酬単価は劣るもののブログを用意すればすぐに始められるので、このブログでもGoogleAdSenseへのつなぎ的な意味で忍者AdMaxを導入しています。

そんなわけでSimplicityに忍者AdMaxを設定する方法を紹介します。

この記事の本文中に表示されている広告が忍者AdMaxです。
スポンサーリンク

Simplicityでの広告設定

Simplicityで忍者AdMaxを設定するにはウィジェットを使います。ウィジェットを広告を表示したい位置へ設定し、そのウィジェットに広告コードを貼り付けるといった流れになります。

ここで行う広告の配置

今回は忍者AdMaxを次の場所に設定したいと思います。

投稿本文中・・・図の① 文中最初のH2タグの手前
投稿本文下・・・図の② 投稿本文の最下行の下

広告を表示するための設定を行う

まず、広告の表示するための設定を行います。

WordPressのダッシュボードを表示します。そこから『外観』→『カスタマイズ』とクリックします。

『広告』をクリックします。

ここで以下の項目の設定を行います。

  • 『全ての広告を表示』にチェック。
  • 『広告位置』で本文記事中(H2見出し手前)を選択。
  • 『広告のラベル』に『スポンサーリンク』を記入。
  • 『トップページに広告を表示する』にチェック。
  • 『広告を中央表示』にチェック。

『保存して公開』をクリックします。

これで設定は終了です。

Simplicityへの忍者AdMaxの設定方法

広告用ウィジェットを使う

Simplicityで忍者AdMaxを設置するため次の広告用のウィジェットを使います。

[S]パソコン用広告ウィジェット
Simplicity用。パソコンのみで表示。
[S]パソコン用広告ダブルレクタングルウィジェット
Simplicity用。パソコンのみで表示される。横に2か所設置できる。
[S]モバイル用広告ウィジェット
Simplicity用。モバイルのみで表示。※今回の説明では使用しません。
表示位置 ウィジェット
図の①の文中最初のH2タグの手前 [S]パソコン用広告ウィジェット
[S]モバイル用広告ウィジェット
図の②の投稿本文の最下行の下 [S]パソコン用広告ダブルレクタングルウィジェット
[S]モバイル用広告ウィジェット

文中最初のH2タグの手前に設定する

WordPressのダッシュボードを表示します。そこから『外観』→『ウィジェット』とクリックします。

『[S]パソコン用広告ウィジェット』を『投稿本文中』までドラッグします。

『広告タグ』に忍者AdMaxのコードを貼り付けます。

ここでは忍者AdMaxの300×250の大きさの広告を使用しています。

『カスタマイザーの広告除外設定を適用する』にチェックを入れて、『保存』をクリックします。

これで、設定完了です。

確認する場合は、プレビューでは表示されないので、記事を公開してから行ってください。

投稿本文の最下行の下に設定する

ここでの設定も、『文中最初のH2タグの手前に設定する』と同じです。

『[S]パソコン用広告ダブルレクタングルウィジェット』を『投稿本文下』までドラッグします。

ダブルレクタングルウィジェットの場合は、広告コードの貼り付け位置が左右1つずつあるので、忍者AdMax側で2つの広告枠を用意して貼り付けます。後は同じです。

ここでもやはり、忍者AdMaxの300×250の大きさの広告を使用しています。

その他の場所への貼り付けやスマホ用の広告

今回は投稿本文中に広告を設定しましたが、サイドバーでもやり方は同じです。さらにSimplicityには、スマホ用の広告枠も用意されているので、パソコン用、スマホ用と広告を分けることができます。

また忍者AdMax側でもサイドバー用、スマホ用と広告枠を作成できるので、それぞれ状況に合わせて利用すれば大丈夫です。

まとめ

ぼくは広告もブログをにぎやかにするものの一つと思っているので、初心者の方は練習のつもりで、Google AdSenseの申請までのつなぎとしてやってみるといいのではないでしょうか。

忍者AdMaxは登録から配信まで5分程度とうたっているくらい簡単なので、確認してみてください。

忍者AdMax

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする